空手の違いは?

※諸説ありますので参考程度とご理解ください。


「空手」「空手道」とは?根拠となる定義は明確ではないようにおもいます。流派や競技スタイルを知ることで違いがご理解できればと記載いたいします。

流派について

<本土>
糸東流・剛柔流・松濤館流・和道流
沖縄から本土に伝わったのが大正時代(約100年前)とされています。大学での活動が盛んになり四代流派が誕生しました。

<沖縄>
首里手・泊手(小林流・松林流等)、那覇手(剛柔流)、上地流
沖縄では三大流派と言われています。

競技ルールについて

「競技空手」の種類はルールの違いより3つに大別されます。(競技大会の基準はルールなので、流派に関係なく参加できる事が多いです。)
1,直接身体に技を当てない(寸止め空手)
2,直接身体に技を当てる(フルコンタクト空手)
3,防具をつけて身体に技を当てる(防具空手)
※組手競技方法の違いは技術の優劣や真偽ではなく相違点だと考えてください。

取り組み方について

<競技に参加しない>
「伝統空手」「伝承空手」と呼ばれることがおおく、流派より伝わった固有の技術を伝承・保存する為に稽古します。
<競技に参加する>
「競技空手」と呼ばれ、競技ルールを順守して技の優劣を競う為に練習します。

空手の違いは「流派」から見ると本土空手(四大流派)・沖縄空手(三大流派)となり、「競技スタイル」から見ると寸止め空手・フルコンタクト空手・防具空手に大別でき、「取り組み方」から見ると競技大会に参加しない「伝統・伝承空手」と競技大会に参加する「競技空手」になると思います。

当教室は、「流派」は糸東流系・首里手・泊手。「取り組み方」は競技大会に出場可能です。(競技大会出場を主目的としていません)「競技ルール」は寸止め空手になります。

※沖縄の「伝統・伝承空手」でも、自流派内での競技大会を実施している場合もあります。