武道ツーリズム(JAPAN BUDO TOURISM)

スポーツ庁による新たな武道ツーリズムのサイトが公開されました。「沖縄空手」と「城泊・剣道」の他、様々なコンテンツが紹介されています。

公式サイト
https://budotourism-japan.com/

<紹介文>
武道を楽しむ新しい旅行の形!
“武道ツーリズム”スポーツの参加や観戦を目的として地域を訪れ、地域資源とスポーツが融合した観光を楽しむ「スポーツツーリズム」。そのなかの一つ、“武道ツーリズム”は、世界からの関心が高い日本発祥の「武道」を活かし、空手や剣道、柔道をはじめ、日本でしか体験できないスポーツと文化(伝統文化・精神文化)を掛け合わせた希少性の高いツーリズムです。日本各地でさまざまな“武道ツーリズム”が行われていて、外国の方でも気軽に参加できるので、ぜひ楽しんでください。


空手は沖縄在来の武術「ティ(手)」と中国武術等が何世紀もかけて融合し独自の武術として発展してきました(※諸説あり)。そして、沖縄から世界へ広まっていき、今や世界の空手愛好家数は1億3000万人以上とも言われています。
沖縄空手は、現在、しょうりん流系、剛柔流、上地流と、棒やヌンチャク、サイなどの武器を使用する古武道が主要4流派とされています。道場で行われる夜の通常稽古だけではなく、沖縄空手4流派体験や朝稽古など、稽古メニューは多彩で、海外からも多くの人が参加しています。