琉球古武道で使う武具「トンファー」について   琉球古武道大阪本田道場より Ryukyu Kobudo Shimbukan

「いろんな形状があります!!」

先日、知人がトンファーを購入されました。通販で購入したところ取っ手部分(握り)が自身の手のサイズに合わなくて直ぐに転売し買い直したそうです。
沖縄守礼堂に問い合わせ、在庫があることが分かり自分に合ったものが手に入ったそうです。といってもトンファーのサイズはS・M・Lの三種類しかなく自分の手を武具に合わせるのが現状です。(直接触れず通販での購入はある種賭けのようなもので、残念ながら時間と金銭の無駄になりがちです。現在の古武道具購入に関してはよくある話です。)

トンファーの形状の違いは、取っ手部分(握り)にもありますが見て直ぐに分かるのは前腕に沿わせる部分になります。
大きくは①円柱型、②角型に分かれ、角型もⒶ蒲鉾型(前腕部分に接する部分は平坦で反対側が半円状になっている)、Ⓑ扇型(握りから離れる程幅広になっている)となるようです。

琉球古武道信武舘で使用してする「トンファー」は角型(扇型)になります。遠心力を最大に発揮する為とのことです。
数年前トンファーの練習を始めた頃に沖縄守礼堂で購入しました。注文するときに「扇型のトンファー」と言うようにと先輩のアドバイスをもらいました。「?」と思っていましたが、理由は店頭で展示販売されていないからだと直ぐに分かりました。扇型のトンファーは店頭ではなく奥の倉庫から出てきたからです。

画像一番奥が守礼堂製、真ん中と手前が取っ手部分(握り)を自分の手の大きさに合わせたオーダー品です。
手前の色の濃いトンファーは手首を鍛える為に重量のなる黒檀を材料にしています。(中々扱い難いです)

琉球古武道本田道場 師範 本田健二