「琉球古武道棒術で使う武具(6尺棒)を自分好みにカスタマイズする」について その1  琉球古武道大阪本田道場より Ryukyu Kobudo Shimbukan

「直径1寸=約3.03cm」太い?太くない?

既製品の赤樫6尺棒の太さは1寸(3.03cm)重量は約1キロが標準となっているようです。
先日、棒の稽古を始めた方が私の棒を持って「あれ?細い。でも重たいね。」と言われました。
私の棒は武道具店で販売している赤樫6尺棒よりも細くて短いのに、重量は殆ど同じなので「どうして?」となったようです。

「私の使っていた棒は赤樫ではなく鉄刀木(タガヤサン=比重の重い)なので細くても重いんです。太い棒は使い難いので自分の手に合わせて細くしてあります。既製品の6尺棒を紙ヤスリで気長に削って細くして使えばいいですよ。」とアドバイスすると「細くしていいの?」と驚いていました

私の棒は175cm、直径9分(2.8cm)にしてあります。

次回「その2」に続く・・・・・・

琉球古武道信武舘本田道場 師範 本田健二