棒(棍=こん)

棒は剣と違って刃がありません。
しかし、言い換えればどの部分でも刃と化し得る千変万化の武器と言えます。棒には刃も柄もありませんが、剣と薙刀と槍の特製を備えていると言えます。
棒術は南方より来たものが、以前より琉球にあった棒術と交わり、さらに研究され現在に至っていると思われます。

釵(さい)

釵はインド、中国を経て琉球に入り発達を遂げたものとされています。琉球王朝時代に、大筑らが所持し国王や高官などの護衛、あるいは暴漢や疑わしい犯人の逮捕に利用され、攻防の術が実戦を通して編み出されました。
一人で攻防の練習ができるよう型が作られ、ブサー(武人)達によって自己防衛を主眼として鍛練を積み深く研究され今日に受け継がれてきました。

ヌンチャク

ヌンチャクは沖縄独特の「ムゲー」(馬の操作をするため馬の頬骨を締め付ける道具)から来と言われています。小型で持運びに便利であり、対闘争用として有効かつ強力な武器となりました。琉球の武人は常時、懐あるいは帯の間に忍ばせ携行していたと言われています。

トゥンファー

木製の棒に把手がついています。日本本土の古武道にない沖縄独特の武具で、2本1組で使用します。操作が難しく熟練度を要求される武器となります。
沖縄では、唐ウシー(唐臼)・石臼の柄を考察して、それをトゥンファーとして使ったと言われています。有段者以上の武器となります。

鉄甲(てっこう)

元来農耕用に使われている馬蹄を改良し、咄嗟のときの護身用として発達してきた武器です。携帯に便利な武器として特に攻撃に相当な威力を発揮します。

ティンベー・ローチン

楯(ティンベー)と鉾(ローチン)を称してティンベーと言われています。左手に防御用の楯、右手に防御攻撃用の青龍刀の小刀を持ち相手と戦い、型としては「鐘川のティンベー」だけしか受け継がれていません。

鎌(かま)

禁武政策という特殊環境下で沖縄の最も身近で武器に代用できるのは鎌でした。他の武器と違い、鎌には刃がありそれ本来の状態で充分に殺傷能力を備えており、型を作り鍛練するということは必要なく、保存継承されている型も少数になります。
技は受けて刺したり、突いたり、切ったりですが、古武道の中で刃物で切れるのは鎌だけであり、他の古武道に比べ演武時の危険性が非常に高く、有段者以上が使用する武具になります。代用的な型は「鐘川の二丁鎌」になります。

エーク(櫂)

船(サバニ)を操る櫂(オール=パドル)を使用します。
漁民によって編み出され、海や砂浜での戦いにおいて相手の顔に海水や砂を掛け虚をつく攻撃や切り倒すということも可能な破壊力の強い実践的な武器です。