※諸説ありますので参考程度とご理解ください。

「空手」「空手道」とは?
明確な定義はないように思います。理解し易いように1,流派、2,競技スタイル、3,稽古への取り組み方について記載いたいします。

<流派について>

〇本土=糸東流・剛柔流・松濤館流・和道流(四大流派)
  沖縄から本土に伝わったのが大正時代(約100年前)とされています。
  当初、各大学で活動が盛んになり四代流派が誕生しました。

〇沖縄=首里手・泊手(小林流・松林流等)、那覇手(剛柔流)、上地流
  沖縄では三大流派と言われています。

<競技スタイル>

 組手ルールの違いより3つに大別されます。
 (競技大会はルールを順守すれば、流派に関係なく参加できる。)
  1,直接身体に「突き・蹴り」を当てない(寸止め空手)
  2,直接身体に「突き・蹴り」を当てる(フルコンタクト空手)
  3,防具をつけて直接身体に「突き・蹴り」を当てる(防具空手)
  ※組手競技スタイルの違いは流派・技術の優劣や真偽ではなく相違点だと考えてください。

<稽古への取り組み方について>

 〇競技に参加しない
  「伝統空手」「伝承空手」と呼ばれることがおおく、流派より伝わった固有の技術を
  伝承・保存する為に稽古をする。
  ※沖縄の「伝統・伝承空手」でも、流派内で競技大会を実施している場合もあります。

 〇競技に参加する(競技ルールを基準に練習する為、流派としての特徴は重視しない)
  「競技空手」と呼ばれ、競技ルールを順守して技の優劣を競う為に練習をする。

 〇競技にも参加する(競技と伝統・伝承を明確に分けている)
  「競技空手」へも参加するが、流派の特徴を守り稽古をする。

空手の種類・違いは「流派」では、本土空手(四大流派)・沖縄空手(三大流派)になり、「競技スタイル」では、寸止め空手・フルコンタクト空手・防具空手となり、「稽古への取り組み方」では、競技大会に参加しない「伝統・伝承空手」と競技大会に参加する「競技空手」になると思います。

当道場は、「流派」は糸東流系・首里手・泊手。「稽古への取り組み方」は競技大会への参加は可能ですが主目的ではなく、伝統伝承に重点を置いています。「競技ルール」は寸止め空手になります。

稽古は競技大会出場を主目的としていません。競技大会参加希望者については対応いたいます。