琉球古武道(術)とは

禁武政策下の琉球(沖縄)で独自の発展をとげた武器術の総称です。

生活民具に創意工夫を加え武器術へと昇華させたものです。

  1. 棒(6尺棒、担ぎ棒、折れた槍)
  2. 釵(インド伝来の仏具)
  3. ヌンチャク(馬の顔を固定する馬具ムーゲー)
  4. トンファー(石臼の柄)
  5. 鉄甲(蹄鉄)
  6. ティンベー(藤の籠とナタ)
  7. 鎌(農業用鎌)
  8. エーク(海人の櫂)

※定説となっていますが諸説あるようです。

琉球古武道(術)の系統

「琉球古武道」は空手のように流派を名乗ることな少なく、技術系統から「平信賢系」、「又吉系」等と呼ばれ区別されています。

沖縄では古くから「空手と古武道(術)は車の両輪」と例えられ、多くの空手修行者は流派・道場・会派に関係なく古武道を稽古しています。
(琉球古武道信武館本部道場所属会員も上地流・剛柔流・小林流と様々です。)

三山時代の統一

「三山時代(1322年頃から1429年まで)」は、15世紀初頭、尚巴志(しょう はし)によって統一されました。後に琉球王国第二尚氏王統の第3代国王 尚真王(しょう しんおう)は反戦平和を愛し、刀剣・弓矢の個人私有禁止・政治の中央集権化・貿易振興・都市の美化・芸術奨励が行われました。個人での武器私有が禁止なり平和な時代になりましたが、このころから武士階級に於いては自己防衛のために日常の生活民具を武器化するようになったようです。

三山時代とは

14世紀頃、沖縄(琉球)では各地に城(グスク)を構えた三人の王が並立する時代が約100年続きました。南部の南山(大里)、北部の北山(今帰仁)、中部の中山(玉城)からこの時代は「三山時代」と言われています。

地方への拡散

また、1609年島津藩の琉球侵攻を境に王家が衰退し琉球の武士たちが各地域に散らばった事で、武士階級のものであった「空手(手ティー→唐手→空手)」と「武器術」はいつしか庶民の間に広まり密かに受け継がれたとされています。

参考文献:空手道・古武道の基本調査報告書(沖縄県教育委員会発行)

琉球空手・古武道本田道場

問い合わせメール

    琉球空手・琉球古武道信武館 本田道場