稽古には自分の武具(武器)を持参する?

数量に制限はありますが道場所有の武具 (武器) 使っていただいて結構です。ご自分の武具 (武器) を持参されても結構でが、くれぐれも持ち運びには注意してください。かならず専用の袋等に収納して持ち運ぶようお願い致します。
※道場に個人の武具 (武器) を置くことが可能ですが紛失等については責任は負いかねます。

最初に購入すべき武具(武器)は?

琉球古武道信武館の審査規定では、「棒」「サイ」「その他の武具(武器)」という扱いになっています。「棒」そして「サイ」の順にご準備ください。

※稽古開始から当分の間は「棒」の稽古となります。

どんな「棒」を選べばいい?

稽古で使用する「棒」は、一般的に長さ6尺(約180㎝)太さ3.3cmで両先端が細くなったものです。(お正月の祝箸のような形状です)既製品は樫材で10,000円前後で購入できます。通販利用の場合は意外に送料がかかりますのでご注意ください。
棒の長さは身長+一拳(10㎝前後)を目安としてください。購入後、長さと太さを使いやすい様に調整(カスタマイズ)する人が多いようです。そのままご使用になっても問題はありません。

代替品としてホームセンターで販売されている丸棒(手摺など)でも大丈夫です。(3,000円程度)
※棒の長さはあくまでも目安で多少の長短は問題ありません。

釵(サイ)は何処で購入できる?

「棒」以外の金属製の武具 「サイ」「鉄甲」は入手に時間がかかっています。
数年前までは「守礼堂」という武道具店で常時販売していましたが現在は金属製の武具は販売していないようです。
「サイ」はバランスが非常に重要になります。安価な粗悪品は事故につながりかねません。個人での購入は避け道場へご相談ください。

琉球空手・古武道本田道場

問い合わせメール

    琉球空手・古武道信武館本田道場 師範 本田健二