琉球空手・古武道(術)本田道場のホームページをご覧頂きありがとうございます。

代表挨拶

はじめまして代表の本田健二です。

1643年より続く浄土宗専念寺の法灯を継承し第26世住職をしております。(お坊さんです。)
本田道場は1998年よりお寺に併設する小松幼稚園内の施設で活動しています。(所在地:大阪市東淀川区小松3-5-15)

氏 名 本田健二(ほんだけんじ)    

学 歴 甲南大学経営学部卒       
    佛教大学加行課程修了

現 職 浄土宗 専念寺 住職      
    学校法人専念寺学園 理事

武 歴 1973年 糸東流糸洲会拳士館入門
    2011年 琉球古武道信武館入門
    2019年 沖縄小林流無拳会入門


段 位 公財)全日本空手道連盟公認7段
    琉球古武道信武館 5段 同師範
    沖縄小林流無拳会 3段
    松林流      初段

運営方針

  1. 安心・安全に楽しめます。
  2. 何歳からでも始められます。
  3. 何歳までも続けれらます。
  4. 未経験者へ丁寧に対応します

※ 入会は小学生以上とします。

道場って敷居が高い?

琉球空手・琉球古武道(ヌンチャク・サイ等)って危険じゃない?痛くない?道場の雰囲気は? ・・・「本土の空手(競技空手)」と「沖縄の空手(琉球空手・古武道)」の違いは?

沖縄の(琉球空手・古武道)は本土の競技空手とは違い「勝ち・負け」「上手・下手」が目的ではなく「食事をする」「散歩をする」ように生活の一部として溶け込んでいるように思います。

本田道場には、小学生から中高年・シニアまで幅広い世代が所属しています。皆さん普通の学生や一般社会人です。

競技会(試合・大会)を否定するものではありません。

琉球古武道とは

禁武政策下、生活用品を利用して発展をとげた琉球(沖縄)武器術の総称です。

棒・サイ・ヌンチャク・トンファー・鉄甲・ティンベー・鎌・エークが伝承されています。

※琉球古武道は空手の流派に関係なく入会可能です。現在、他の流派・道場に所属されていても稽古して頂けます。本田道場は平信賢系の琉球古武道を指導しています。

琉球空手とは

「人に打たれず 人を打たず 事のなきを 基とするなり」
「世間の手や上」(しきんぬ・てぃやうい)

上記の精神で稽古に取り組んでいます。公財)全日本空手道連盟糸東流系を基礎とし、沖縄空手(小林流)・琉球古武道の理念を取り入れた指導をしています。直接身体を激しく打ち合ったりするような事はありません。

※「世間の手や上」は世の中には自分より優れた人は沢山いる。決して奢らず謙虚な姿勢で稽古しなさいと言う意味です。

対外活動

沖縄で開催される「演武会」「セミナー」「沖縄本部での稽古」にも積極的に参加しています。

2022.8.1第二回沖縄空手世界大会
交流演武会
国際通り演武会場での棒の演武
2021年 摩文仁の丘での演武

見学・無料体験

中高年・シニア世代・武道未経験でも安全に楽しめます。

見学・無料体験は随時受付ています。

※電話又はメールでお問い合わせください。見学は稽古途中からでも対応いたします。

最近の投稿(blog)

MENU
PAGE TOP