審査規定に沿って指導します

昇段・昇級審査規定の科目に沿って稽古を進めます。
ヌンチャクだけやサイだけの指導はいたしません。

「棒」「サイ」は必須(内容は変わります)となり、昇段と共に新しい武具が追加されていきます。

初段「棒」「サイ」「ヌンチャク」「鉄甲」
2 段「棒」「サイ」「トゥンファ」
3 段「棒」「サイ」「ティンベー」
4 段「棒」「サイ」「鎌」
5 段「棒」「サイ」「エーク」

対人による棒対棒 棒対サイの稽古もあります。

先ずは「棒」から

琉球古武道稽古は「棒」と「サイ」が中心となっています。(多くの形が伝承されています)
稽古を始める武具は、棒→サイ→鉄甲→ヌンチャク・・・・の順に進みます。(目安)
琉球古武道と空手は「車の両輪」に例えらるほど共通点が多くあります。どちらを先に稽古を始めたらいいのかと問われたら空手の基本動作を稽古してか古武道へ進む方が理解しやすいと思います。

空手経験者(他武道)

入会と同時に琉球古武道(術)の稽古へ参加いただけます。(流派の違いにより多少動きを変更する可能性はあり)

空手未経験者(他武道)

空手の基礎を一定期間積んでいただいた方が上達が早いと思います。仕事・学業等稽古日とスケジュールが合わない場合は対応いたします。

※琉球古武道(術)の動きは空手(小林流)が基礎となっています。

琉球空手・古武道本田道場

問い合わせメール

    琉球空手・古武道信武館本田道場 師範 本田健二