自分の武具を持参する?

道場所有の武具使ってください。もちろんご自分の武具を持参されても結構です。

※道場に個人の武具を置くことが可能ですが紛失等については責任は負いかねます。

最初に準備する武具は?

琉球古武道信武館では、武具について「棒」「サイ」「その他の武具」という扱いになっています。「棒」「サイ」が練習の中心になりますので、先ずは、「棒」そして「サイ」の順にご準備ください。

どんな「棒」を選べばいいのか?

琉球古武道で使用する「棒」は、一般的に長さ6尺(約180㎝)両先端が細くなったものです。(お正月の祝箸のような形状です)
既製品は10,000円前後で購入できますが、通販で購入すると長尺なので以外と送料がかかります。
購入後、身長と手の大きさに合わせてカスタマイズしてください。目安の長さは身長+一拳(10㎝前後)です。ホームセンターのDIYコーナーで販売されている丸棒でも代用できます。(3000円程度)

※身長170cm一拳(10㎝)プラスして180cmとなります。170cm以上場合、既製品では短いのでオーダーするか自作しなくてはなりません。

釵(サイ)について

棒以外の武具で、特にサイについては入手に時間がかかっています。数年前までは「守礼堂」という武道具店で常時販売していましたが現在は受注生産になっています。(半年以上かかるようです。)

海外のメーカー等でネット購入できますが、サイは他の武具と比較して特にバランスが重要になります。安価な粗悪品はサイズも少なく、バランスが悪くとても扱い難いものです。事故につながりかねませんので購入は避けてください。