「押忍」「オッス」・・・・・どんな意味?

琉球空手・琉球古武道本田道場(Ryukyu Kobudo Shimbukan)

facebookで海外の空手家から「OSS」等について投稿がありました。

先ず、本田道場では「OSS」等の言葉は使っていません。道場入室の際は「こんにちは」「おねがいします」退室の際は「さようなら」「ありがとうございました」です。質問に対しての返答も「はい」「いいえ」または、はっきりと自分の言葉は意思を伝えるように指導しています。

以下の内容は「OSS」等を使用している個人・道場・団体を批判しているものではありません。あくまでも私見であるとこをご理解ください。


東京2020オリンピック空手競技形金メダリストがコーチと一緒に「オッス」

動画を見た海外の空手関係者からこの「オッスとはどんな意味ですか?」と投稿がありました。質問にたいして「沖縄の先生は使わない」「道場の決まり?」「気にしない」「空手家の挨拶」等多くの返信が寄せられていました。(全て日本以外からの返信です。)

インタビューの「オッス」はどんな意味?

よくよくインタビュー動画を見ると、「OSS」の発言はサポーター企業?の要請に応えたリップサービスのようです。
お二人が日常的に使っているかはわかりません。

「OSS」は普段どんなシチュエーションで使っているのでしょうか?

動画の流れから判断すると「応援を頂いた皆さんありがとうございました。」の意味が込められているように感じました。

普段は空手家同士「hi=ハーイ」「元気ー!」のように気軽な挨拶・合言葉として使われているのかもしれません。

沖縄で言う「ハイサイ」に似ているかも?しかし、明確ではないので便利が言葉ですが国内外を問わず分かり難いのも確かです。

「押忍」でネット検索するとこんな雰囲気の画像もヒットします。(特徴的なものを選択)

一般の人にとって「オッス」は「軽い挨拶」として認知されていない部分もあるようです。

「やんちゃ」「暴力」「軍隊」といったイメージに見えます。

かつての大学空手道部では

後輩が先輩の問いかけに全て「オッス」で返答していました。絶対服従って感じです。
令和の時代になっても封建的は風土を残して「オッス」と言っているクラブは存続不可能でしょう。

ネットで「押忍 意味?」で検索すると。

明確に「押忍」の意味を発信している団体(極真会)もありました。(現在も同様の意味で指導されているかは確認していません。)

Wikipediaによると「押忍」の意味は以下の通りでした。

押忍(おす、おっす)とは、主に空手道・剣道・柔道などの武道関係者の間で使われる挨拶の一つ。

由来については諸説ある。旧海軍で「お早うございます」が簡略化され、その結果「オ」と「ス」が残ったという説。

また、大日本武徳会が戦前に京都で運営した武道専門学校の学生の間で生まれたという説[1]

元々は「おはようございます」だったものが「おはよーっす」→「おわーす」→「おす」と縮まり、そこに「押して忍ぶ」(自我を抑え我慢する、の意か)という漢字を当てた結果、現在の形になったのではないかと言われている。

現在は後輩が先輩に返礼する際にも使われているが、本来は先輩が後輩に対するときだけ用いた[1]体育会系の「押忍」

大森敏範は、発祥は戦前の拓殖大学で、由来は相撲の心得で相手の押しに耐えることを「忍(お)す」と言ったことからという説を唱えている[2]。 拓殖大学では今でも押忍と言う挨拶は体育会を中心に親しまれている。先輩・後輩問わず皆が気軽に使用し拓殖大学の学生にとって無くてはならな言葉である。拓大生あるあるとして、地元に帰省した際、挨拶をする時「押忍っ!」と言ってしまい驚かれるという事がある。

空手界を中心にOSUまたはOSSとして海外にも広まっている[2]

同種の言葉として、陸上自衛隊レンジャーにおける『レンジャー!』[3]


いずれにしても、「OSS」等の意味は統一されていないようです。

琉球空手・古武道信武舘 本田道場