琉球古武道 武具DIYしましょう。実践編エークその3

琉球空手・琉球古武道信武館本田道場(Ryukyu Kobudo Shimbukan)

DIY篇(既存品改良)

オークションでカヌー・カヤックの木製中古パドルを購入して改造!

エークの稽古が始まったばかりの頃は、武具としてエークの良し悪しが理解できていませんでした。

後々分かった大事なポイントは以下の通りです。

<ポイント>

  1. 柄の太さ(6尺棒と共通)
  2. ブレードの幅(広いと空気抵抗が強い)
  3. ブレードと柄の比率(重心に影響)
  4. 全体のバランス(重心)
  5. 重量

1~5の中で特に重量とバランス(重心)が扱い易さにとって重要です。

既存品を外観だけで改良した結果、私にとっては柄が細く軽量で振り難いものでした。

画像(左)カスタマイズ前:ブレード(漕ぐ部分)が広い
画像(右)カスタマイズ前:ブレードを細くして塗装を剥がした。

エークの稽古開始直後は、何が良いエークなのか分からなかったので板材からエークを作る前段階としては良い経験になりました。

つづく

琉球空手・琉球古武道信武舘 本田道場